キャッシュカードは不要?交際クラブ登録時の注意 | 交際クラブに関して

キャッシュカードは不要?交際クラブ登録時の注意

入会時の個人情報

交際クラブを利用する際には、様々な個人情報を登録する必要があります。
何から何までをさらす必要はありませんが、自分はどこの誰でどういう職業についていて、これくらいの収入があります、というような点は必ず登録しなければいけません。
そうすることで身分がはっきりとして、より紹介されやすい環境が出来ていくという訳です。
ですが注意しなければいけないのは、キャッシュカードの情報は登録の際には必要ありません。
もし無理に登録を迫るようなお店があったとすれば、そこの利用は控えた方が賢明でしょうね。

料金の支払い方法

交際クラブでは、料金の支払い方法は色々ありますが、口座引き落としを採用しているお店はほぼありません。
クレジットカード払い、もしくはに指定した口座にお金を振り込むなどの方法で、料金の支払いが行われています。
したがってキャッシュカードの情報や口座番号を、お店側に伝えるというのはまずあり得ません。
日本ではまだまだ現金主義が幅を利かせていますが、保証なども含めるとクレジットカードでの支払いは十分に信頼感があります。

トラブルに巻き込まれない為に

むしろキャッシュカードの情報をお店とはいえ、他人に教えることの方がリスクは高いと言えます。
ですから交際クラブを利用する時も、そうしたリスクのことを頭の片隅にでも置いておくと良いでしょう。
そうすれば、大きなお金のトラブルに巻き込まれることも、かなり可能性としては低くなりますよ。

リスク回避

その為には意識すると同時に、支払いの手間を面倒くさがらないことですね。
最近はコンビニのATMからでも振込が可能になっていますし、銀行のATMも平日は夜遅くまで稼働しています。
勝手にお金を引き出されるリスクと、そうした振込の手間をくらべた場合に、冷静に考えればどちらが良いかはすぐに理解出来るはずです。
相手探しもそうですが、目先の利益や効率だけに惑わされないようにしましょう。
きちんと見抜ける目を持って、トラブルに巻き込まれずに楽しく大人同士の時間を過ごして下さいね。