交際クラブの愛人にスマートにおこづかいを渡す | 交際クラブのデート

交際クラブの愛人にスマートにおこづかいを渡す

男性が求める女性とは

交際クラブに登録している男性は、どういった関係の女性を求めていますか?
交際クラブに入会する男性のほとんどは、結婚など先を見据えた関係の女性ではなく身体だけの割り切ったお付き合いが出来る女性や愛人、食事や趣味などを一緒に楽しめる若くて美しい女性など、俗に大人のお付き合いと呼ばれる相手を探している方です。
奥さんや子供はいるけれども、それとは別に外で会って食事から深い身体の関係に至るまでのデートを楽しめるような女性を探しているという男性は、交際クラブに登録していてもしていなくても、そういった願望を持っている男性は決して少なくないのではないでしょうか。
金銭的に余裕があって社会的な地位も高く学歴も高いような男性になると、実際にその願望を実現することが出来るようになります。
そんな男女の出会いの場を提供しているのが、交際クラブなのです。

交際クラブについて

デートクラブとも呼ばれていて、入会金や登録料に年会費や更新料を払い、さらに女性を紹介してもらってデートをする際にはデートのセッティング料金も払うことで初めてプロフィールを見て選んだタイプの女性とのデートが実現します。
デートクラブに登録している女性はおこづかい欲しさに登録している女性が多いので、デートの度や月契約などでお金を渡すことで愛人としての関係を築いていくことが出来ます。そこで重要なのが、おこづかいの渡し方です。

おこづかいの渡し方

まずは、初めてのデートで連絡先を交換したら帰る前までにおこづかいを渡しておきましょう。
おこづかいを渡す際には、交通費と称して渡すとスマートです。次回から愛人として会うのであれば、相手の女性が慣れているようならきっちりと話をつけておいても良いでしょう。
女性の欲しい金額を聞いて、妥当だと思えば少し色を付けてあげましょう。
会うたびに少しずつという方法もありますが、その方法をとるとお金をケチっているように見られてしまうこともありますので注意して下さい。
おこづかいの金額は、無理をせず納得をしてあげることでお互いに良い関係を築けますよ。