交際クラブは風俗ではない | 交際クラブの情報

交際クラブは風俗ではない

勘違いされがちな事

交際クラブを風俗などと勘違いしている人は意外と多いようです。
富裕層の男性と、魅力的な女性のマッチングを目的とした会員制のクラブであり、性サービスを目的とした風俗とは一線を画しています。そもそも交際クラブというのは法的にも東京を例にした場合、「東京都デートクラブ等営業規制条例」というものがあり、それに基づいた運営をしているところばかりなのです。
風営法ではないのですから、法的にも風俗店ではないということは明白です。

風俗との違い

サービス内容においても、風俗は女性が男性に性奉仕をするというものになっていて、顧客とサービス提供側がしっかりと分かれています。
しかし交際クラブは、男女の出会いをサポートするものであり、男性・女性ともに素人ですから、どちらがサービスをするとかお客であるといったことはないのです。
主従関係などありませんし、基本的には男女同列で大人の恋愛を楽しむというのが交際クラブなのです。交際クラブが風俗店と一線を画しているのは明白ですが、中でも特徴的なのは恋愛のあり方になります。
風俗の場合は、キャバクラなどと同じように疑似恋愛を楽しむ空間です。一方、交際クラブは疑似ではなく、本物の恋愛を求める場所になります。
富裕層の男性と魅力的な女性、それぞれが求める理想の異性像をクラブ側が把握し最高の出会いをマッチングするのです。
知り合った後はあくまでも自由恋愛であり、交際クラブ側が女性に対して「必ずこういったことを男性にしてください」といった強制はしないのです。

風俗との大きな違い

レストランやバーなどで普通にデートをし、気分が盛り上がったらベッドを共にする。
大人同士の恋愛のきっかけを与えてくれるのが交際クラブだということを認識しておきましょう。もちろん、中には風俗店まがいの営業をするような交際クラブもあります。
そういったところは金額的にも安かったり、運営側の管理が非常に粗雑なところが多いようです。
とてもではありませんが、理想的な出会いなどは期待できません。交際クラブを選ぶのであれば風俗まがいのところではなく、しっかりした運営のもとで活動するところを選ぶようにしましょう。