バブル時代に栄えた交際クラブ | 交際クラブの情報

バブル時代に栄えた交際クラブ

バブル期の交際クラブ

40代50代60代くらいの方にとっては懐かしくもあるのがバブル景気でしょう。
あのころのような凄まじく派手な時代をもう一度経験してみたいと思う人はまだまだたくさんいらっしゃいます。
当時は様々な分野でサービスが発展していましたが、当然交際クラブもかなり栄えていました。
バブル期というと90年代ですので、そのころは交際クラブという名前ではなくて秘密クラブ・サークルといった感じの名称になっていました。
交際クラブというのは『デートクラブ条例』というものに準じて運営しているのですが、当時はまだその条例がなく時代背景も手伝って非常に派手な運営をしていました。
中には風俗店まがいのことをして、荒稼ぎするようなお店もバブル期には存在していたのです。

バブル期の女性事情

さらに、当時は女性の社会進出も著しくて意見もかなり強かった時代になります。
車で女性の送り迎えをするアッシーや女性にご飯だけをおごる存在であるメッシーなんて男性がいたくらいです。
それくらい当時の女性というのは勢いがあって華やかでワガママだったんです。
そうした女性との出会いが比較的簡単にできたのがバブル期の交際クラブになります。
今でもそうですが、当時の女性も裕福な男性と大人の関係を結んでいる人はたくさんいました。
誰もが愛人や不倫をしていた時代ですが、それでもおおっぴらにそうした大人の恋愛を楽しむこともできません。
ですから秘密サークルなどを通して人づてで出会いをマッチングしてもらっていたわけです。

バブル期の交際クラブ詐欺

ただバブル期のマッチングサービスは詐欺も多く、クオリティも高くはありませんでしたからトラブルが多発していたのも事実です。
そうしたバブル期のはじけすぎた背景からしっかりと勉強をして、今の高品質な交際クラブが生まれきたのです。
バブル期に比べると正直言って、出会える女性の質もクラブ側のサービスの高さも断然いまの方が上になっています。
入会条件は厳しくなっていますが、その分身元もはっきりしていますしリスクマネジメントもしっかりとしているのです。