女子高生はデートクラブに登録できない理由 | 交際クラブの女性について

女子高生はデートクラブに登録できない理由

男性は女子高生が好き?

女子高生が大好きな男性は非常に多いのではないでしょうか。
無防備に短く魅力的な生脚が堪能出来る制服や穢れを知らない子供と大人の境界線のような女子高校生は、男性にとって永遠にあこがれの存在と言っても過言ではないでしょう。
風俗などでも、セーラー服やブレザーでコスチュームプレイを楽しんでいる男性は決して少なくないはずです。
そういった若い女性と知り合いたい、あわよくばもっと深い関係になってみたいと考えたことは男なら誰もが考えたことがありますよね。
歳を重ねても若い女性とデートをしたり抱き合ったりすることで、男性はいつまでも若々しく現役でいられるのではないでしょうか。
しかし、そういった若い女性と出会い、割り切った深い大人の関係になることは難しいというのが現実です。

交際クラブには女子高生はいない

交際クラブは、経済的に余裕がある大人の男性とそういった男性と知り合いたい女性が登録しているいわゆる大人の出会いの場になっていて、既婚、未婚を問わず愛人や身体だけの割り切ったお付き合いが出来る女性を探すことが出来る素敵な場です。
この交際クラブは、デートクラブ条例などと呼ばれる各都道府県で制定されている条例により規制され認可されて営業しているのですが、女子高生を働かせることは出来ません。
風俗などでも本物の女子高生がいないのは条例や法律で禁止されているためなので、交際クラブで女子高生と知り合おうとすることはほぼ無理ということです。
万が一、本物の女子高生が登録しているという交際クラブがあれば、そのクラブは都道府県に届け出を出しておらず許可されていないということになりますので気を付けて下さい。
クラブに登録する上で、そのクラブが各都道府県に届け出を出して許可を貰っているかということは必ず確認するようにしましょう。
身分証明書を見せてコピーなどを取られたりしますので、秘密厳守で個人情報の漏えいなどが絶対にないクラブを選ばなければいけません。