愛人に子供の認知を促された時の対処法 | 交際クラブのトラブル

愛人に子供の認知を促された時の対処法

愛人とのリスク

世の中の全ての男性は、出来ることなら浮気などせずに奥さんや彼女一筋で、生きていければと本当に思っています。しかし人間ですから、やはりどうしても魔が差してしまうこともありますし、マンネリを感じて違う女性に手を出してしまったり、ということがあります。
交際クラブを利用していても、色々なケースやトラブルがあって、中には愛人との間に赤ちゃんが出来てその子を認知して欲しい、と迫られることもあるんです。自業自得とは言え、考えただけでもかなりの修羅場が予想される事態ですよね。

リスクへの覚悟

まずそうなってしまったならば、自分に残された選択肢はほとんどないという風に、ある種の覚悟を決めることです。
自分の家族や相手の女性を、深く傷付けてしまうということも、キツイですが理解することです。交際クラブを利用している男性は、経済的には余裕がある方が多いので、愛人との間に産まれた子供を認知して、子供が成長するまで経済的な援助を続けるという道もあります。
しかしそうなると、奥さんを始め家族にバレる可能性もありますし、仮にバレなくても常にどこか後ろめたさを感じながらの生活になるかも知れません。

非が無い前提のリスク回避

もう一つは、交際クラブで知り合った愛人との間に子供が出来て認知を迫られたら、頑なに拒むという選択もあります。
関係が泥沼化するかも知れませんし、間違いなく奥さんにもバレますが、とにかく認めないという方法もありますね。
ただあまり潔くはありませんし、どこか責任逃れをしているという点は否めません。ですがそれも個人の選択の自由ですから、何を言われようとも自分がそういう選択をするのならば、徹底的に認めないというのも一つの手段ではあります。
この場合は間に弁護士などの第三者に介入してもらうなどして、二人だけで解決しようとしないことです。認知を拒否することで感情のもつれが生じる可能性もありますし、それによって悲劇的なことが起きる可能性もゼロではありません。
とにかく基本はそういう事態を招かないように注意してモラルを持って、交際クラブを利用するということですね。