愛人の赤ちゃんをDNA鑑定する方法 | 交際クラブのトラブル

愛人の赤ちゃんをDNA鑑定する方法

DNA鑑定について

科学技術の進化により、今ではDNA鑑定というのは一般の人たちでも行えるようになってきています。
最も利用する可能性が高いのは「赤ちゃんが本当に自分の子なのか」という疑惑を晴らすための利用でしょう。
一生に関わってくることですからしっかりと把握したいものです。
交際クラブにおいてもたとえば愛人として囲っていた女性が身ごもった時に「本当に自分の赤ちゃんか」ということを調べる時に使うことができます。

交際クラブで知り合った女性に赤ちゃんができたら?

DNA鑑定の方法について学んでおきましょう。
DNA鑑定には大きく分けて二つあります。
料金が安い価格重視型の鑑定と精度を重視した鑑定です。
どちらの場合でも99%以上の高い精度で鑑定ができますが、やはり料金的に高い方が制度はより高くなるのが現実です。
できるだけ安く早く済ませたいという人は価格重視型の鑑定を行いましょう。
簡易的な鑑定にはなりますが判定制度は高くなっていますし、一般的にはほぼ間違いない鑑定を行えます。
料金的にはだいたい2万円前後になってきます。期間はDNAを採取して研究機関に送ってから3~5日くらいが目安になります。
書類やメールにて検査結果が送られてきますのでしっかりとチェックしましょう。
精度重視型の場合は料金が倍の4万円~10万円くらいかかるところが多いです。
検査機関も精密な検査になるために1週間程度は必要になってきます。
より精度が高いので裁判で利用するなどの際には多少費用がかかってもこちらを利用するようにしましょう。
証拠としての信頼性が高くなりますので有利に働くこともあり得ます。DNAの採取には難しいことはありません。
専門機関から送られてくるDNAサンプル採取キットを使って口の中の粘膜を摂るだけです。だいたい一人5分程度で終わりますので、赤ちゃんと両親それぞれやっても20分あれば作業としては済んでしまいます。
交際クラブは大人の自由な恋愛ができる場所ですから、時として愛人が赤ちゃんを身ごもるということもあり得ない話ではありません。
大変なショックを受けることもあるかもしれませんが、そういう時だからこそ冷静に対処をしていきましょう。