交際クラブの女性にサイフと呼ばれない為の方法 | 利用者の傾向

交際クラブの女性にサイフと呼ばれない為の方法

「サイフ」目当てで近づいてくる女性

交際クラブに登録している男性はほとんどの方が、経済的に豊かです。
入会の際に職業や年収による審査を行っているお店もありますので、ある意味限られた方が利用するという側面もあります。
ですから登録している女性の方は反対に、男性の経済力を目的にしているというケースもあるんです。
普段はなかなか食べれない高級なおいしい物を食べさせてもらったり、高価なプレゼントなどを目的として甘えてくる女性もいることでしょう。
中には男性のことを「サイフ」と呼ぶ女性もいますし、ただの金づるにならないように気をつける必要があります。
ではそうならない為には、どうすれば良いのでしょうか?

お金以外で誇れるものを身につける

まずは経済力以外の魅力を持つことですね。
自分の強みがお金しかないと、やはり賢い女性はそれだけを目当てに近寄って来ます。
仕事でも良いですし、趣味でも良いですし、とにかく何でも良いので経済力の他に、胸を張って自慢出来るような何かを持ちましょう。
交際クラブに登録してくる男性は社会的にも地位が高い方も多いですし、色々な経験もされてきた大人な方がたくさんいます。
なので、何かしらは自分が生きてきた中で誇れるようなものがお金以外にもあるはずです。
それをきちんと相手に示せれば、女性からサイフと呼ばれることもないはずです。

繋がりは金銭的ではないところから

さらには、始めの段階からお金だけのつながりで、相手との関係性を深めていかない、という点も大切です。
なぜならば最初の段階からそうしたお付き合いをしてしまうと、交際クラブに登録している女性の中には「この人は私の為ならいくらでもお金を使ってくれる」と勘違いしてしまう方もいるんです。
経済力がある方が多いので、そういう流れになってしまいがちですが、ただのサイフおじさんにならない為には、時には断る勇気も必要です。
最低限のマナーとして、デートでの食事代などは男性が払うという姿勢はとても良いと思います。
しかし度を超えたプレゼントや、恋人にしか送らない物をねだるような場合は、毅然とした態度をとってみましょう。
そうすれば交際クラブの女性から、サイフと呼ばれずに済みますよ。