交際クラブの女性に足扱いされない方法 | 利用者の傾向

交際クラブの女性に足扱いされない方法

都合のいい男にならない為に

いつの時代もそうですが、男性は女性の為にあれこれと報われない努力をすることがあります。
それが伝わることもあれば、哀しくも報われずにただの良い人で終ってしまうケースもありますよね。
それは仕方がないことですし、男女関係はとにかく一筋縄ではいきません。
交際クラブの場合も同じで、色々なお付き合いの仕方があります。
知り合った女性からいつでも送り迎えしてくれる、便利な男として利用されてしまうこともあります。
なので、女性から足として扱われないようなポイントを学んでいきましょう。

言うことを聞く=いい男の条件ではない!?

始めに勘違いしている男性が多いのですが、「何でも言うことを聞く=優しさ」ではありません。
ハイハイと何でも女性の要望を聞いているのが優しさと思い込んでいる方がいますが、大きな過ちです。
それを繰り返してしまうと、交際クラブに登録している女性の中には、私の言うことは何でも聞いてくれると思ってしまう方もいるんです。
そう思われてしまうとどんどん要望もエスカレートして行きますし、ただ単純に足として利用されて終ってしまう場合もあるんです。
それではあまりにも哀し過ぎますので、そうならない為にも、きちんとした自己主張をするべきです。
本当に真剣にお付き合いしている相手なら別ですが、そこまでの関係性がないならば、あるラインで線引きして要求を断るようにして下さい。

車だけでなく様々な移動手段を

また交際クラブで出会った女性とのデートの時に、車ばかり使わないというのも、足にされない一つの方法だと思います。
「この人はいつでも車を使う人だ」という印象を相手の女性に与えてしまうと、いつでも車で送り迎えしてもらえるという風にインプットされてしまいます。
ですからたまには、のんびり電車を使って移動するデートをしたり、バスで遠出するようなプランを立ててみるのも良いですよ。
そうすることで、この人はいつも車を使う訳じゃないという認識も生まれますし、送迎の為だけに呼ばれるということも無くなるはずです。

確固たる意思の強さを!

いずれにせよ大切なのは、自分の意思表示です。関係が崩れることを恐れるあまり何も言わないというのが、足にされる大きな要因です。交際クラブを利用する際は、十分に気をつけて下さい。