交際クラブの女性のタバコの匂いで嫁バレ | 利用者の傾向

交際クラブの女性のタバコの匂いで嫁バレ

日本の喫煙事情

近年、日本では喫煙に関してはかなり厳しくなっています。
都市部では路上喫煙が禁止となっているのが当たり前ですし、飲食店でも喫煙と禁煙で席が大きく離れているのが普通になっています。
この傾向は日本だけでなく世界的なものですから、喫煙者にとってはこれからどんどん肩身が狭くなっていくことでしょう。
交際クラブを利用する際にもタバコの問題というのはいろいろとでてくるものです。
そもそもタバコを吸わない人にとって、その臭いというのはとても不快に感じてしまうものです。
喫煙中の煙の臭いも嫌ですし、喫煙後に髪や体や衣服についてしまった臭いも敏感に感じられてしまいます。
煙にはいろいろな害があるから嫌だというのは当然ではありますが、タバコを吸わない人にとっては何よりもその臭いが嫌なものなのです。

交際クラブに登録している女性もタバコはNG?

交際クラブに登録する人にはいろいろな人がいます。登録している女性の中には喫煙をしている方も存在しています。
大人なのですから喫煙自体は咎める必要はありませんし、自己責任の下で自由にタバコを吸っていいことは間違いありません。
しかし、もしもあなたがタバコを吸わないとしたら注意をしてください。
家に帰った後に嫁バレすることは少なからずあるのです。
特に女性が吸っているようなタバコというのは臭いが独特になっています。
メンソール特有のスッとする臭いというのは服や髪の毛にもかなり付着しています。
家に帰って嫁が服を洗濯しようとした時に「なんか女物のタバコの臭いがする」なんて思われてしまうかもしれません。
もちろん対処する方法はいくつかあります。
たとえば、会社の飲み会で隣の同僚女性がタバコを吸っていたからなんてごまかし方もあるでしょう。
意外とこれは有効で、会社の飲み会であれば仕方ないと嫁も理解してくれるはずです
。ただ注意点としては、嫁が会社の人たちに確認をする可能性があります。
そうした事態を避けるために日頃から怪しい行動はとらず、嫁に猜疑心を沸かせないように気を付けておきましょう。